医療ファクタリングとは

医療報酬債権ファクタリングとは、ファクタリング事業者が、医療機関が国民保険、社会保険に対し請求する債権を購入して現金化するというシステムの事です。



他のファクタリングと、医療ファクタリングの違いは、債権の請求が報酬債権となっておりますので、支払い企業が国保、または社保になっていると言う点です。

医療報酬だけではなく、介護報酬、調剤報酬も大きなくくりとしてこのファクタリングに含まれます。一括の場合の三者間取引と同様ですが、国保や社保からの同意が必要ない場合がほとんどなので、この場合は医療機関が行いものと考えていただくとわかりやすいです。自分に合った事業者を選ぶ方法は時と場合により、見極めが必要となります。


即座にキャッシュが必要な時は一括、売上債権のリスク保証を目的としているなら保障、病院などの関係での資金調達は、こちらに該当します。



手段が決まると、次にメリット、デメリットを知る事も必要です。
基本的に全て、早期に現金を調達する手段ですが、場合によっては保証をするための手段ともなります。そのため、自社の状態や事業の目的に合わせて、最適な手段を導入する事が肝心なのです。

わからない点は、専門家がいらっしゃいますので、専門機関に相談する事が先決です。
事業を継続させる事が、1番大切な事ですので、慎重に考えリスクやデメリットが少しでも少ない方法を導き出してもらう事が大切です。


つなぎの資金は事業継続に需要なポイントとなります。