医療における資金調達の手法!ファクタリングとは?

医療におけるファクタリングとは、医療機関が行う資金の調達手段の一つです。



ファクタリングには多くのメリットがあることから、利用する医療機関が増えています。
たとえば社会保険や国民健康保険の組織を相手にするので、資金の調達前に倒産してしまう恐れがないです。
また一般企業を相手にするわけではないので、経営状況や評判などについて疑いをかけられる可能性も少なくて済みます。
診療報酬に関する債権は危険性が少ないので、他に担保を求められるリスクも少ないといえるでしょう。



債権の回収ができなくなる可能性がほとんどないので、審査はそれほど厳しくないこともメリットといえます。

また小さなクリニックには当てはまりませんが、大きなクリニックであれば多くの資金を得られるチャンスがあります。

クリニックの規模に応じて診療報酬も高くなるので、ファクタリングの成果も大きくなりやすいということです。


しかしメリットばかりと言うわけではありません。たとえば請求できる期間に限度があります。



一般的には3ヶ月以上のファクタリングは不可能です。

医療機関を営んでいくには、資金が無くならないようにしなければなりません。
しかし多くの薬品や設備が必要になり、資金が足りなくなるケースも珍しくありません。

そのためファクタリングをうまく利用することによって、状況を打破できる可能性があります。

医療を十分に行えなくなるなど、困った状況に陥った場合の選択肢として覚えておくと良いです。